無料ブログはココログ
彼女が欲しい不倫不倫体験談浮気体験談エッチな出会いエッチ体験談ブログパーツ

舞台版『心霊探偵八雲-裁きの塔』

本日(5/31)初日でした!
シリーズ3作品で、今回初めて音楽を担当させいてただきました。
まず神永学先生が書かれた原作を読み、自分なりに音楽のイメージはある程度持っていたのですが、
演出の伊藤マサミさんからいくつか音楽のイメージをいただき少し方向調整はしましたが、
大きく目指すところが違わない感じがあり、あまり迷わず進めたように思います。
今回はオール、シンセの音源でつくっているのですが、
最近の音源のクオリティにかなり助けられました。
普段あまり使えないような音もたくさん使っています。
インパクトの強い金属的な音や、雑音みたいな音や、
不協な響き、ピアノの内部奏法の音、民族楽器、声、あるいは声っぽい音など...。
また、心理描写の繊細なシーンもたくさんあり・・
寄り添う音を探すのになかなか苦労したシーンもありました。
あえて客観的な音楽にしたところもたくさんあります。
と、いろいろ言っておきながら、一番は、
音楽に違和感を持たずに集中して観劇できる、というのがすごーく大事なこと。
だから、音楽は気にしなくていいんです、。
でも、でもふと、あ、音楽、良かった!て思ってもらえたら・・・・それはすごく嬉しい...
6月11日まで東京の品川プリンスホテル クラブexにて上演してますのでご都合つきましたら是非。
その後は、大阪公演6/16〜6/18もございます。
公演情報は詳しくは心霊探偵八雲公式HPをご覧ください。
初日乾杯の時に神永先生を囲んで撮った公式写真♪
ちゃっかり混ぜてもらいました^_^
樋口さんがいないけどっっ。

Fullsizerender_8

ミュージカル「アニー」

2017年、新しく生まれ変わった、ミュージカル「アニー」が始まりました♪♪

1977年、4月21日はミュージカル「アニー」がブロードウェイで開幕した日だそうです。初演から40年。そして日本では1978年の東宝によって初演、1986年には日本テレビ主催・製作で上演、以降スポンサーなど変わりながらも毎年上演されている、国民的ミュージカル。

日本での公演は16年ぶりに演出家が変わり、山田和也さんになり、ほとんどのスタッフも一新。

そして、音楽監督に、佐橋俊彦さんが就任されました!! 

今回、私は、その新しいオケの奏者の一人としてお声をかけていただき、Key1を担当しています。主に、ブンチャブンチャブンチャブンチャ 、や、ポロポロポロ〜ン、やタラララララーーン!! じゃンっっっ! など、をやってます。(笑)

海外の作品は、もともとの編成が大人数で、日本で上演する際には人数を減らして上演されることがほとんどで、アニーも例外ではなく、アニーのオーケストラメンバーは、10人です。(指揮者いれて、11人。) 

持ち替え楽器のリード奏者や、キーボードの効果的な使い方など、いかに少人数とは思えないような洗練されたゴージャスなオケサウンドにできるかというのは編曲にかかっているのです。

今回、佐橋さんが編曲をされていますが、本当に素晴らしいアレンジ。

そして改めて、作品が素晴らしいのです。愛され続けているミュージカルということが本当によくわかります。

この作品に関わることができて、心から幸せに思っています。心を込めて千秋楽まで楽しんで演奏します✨✨

写真)指揮の福田さんと、佐橋さん。(私のキーボード席より激写wink

Fullsizerender_7_

続きを読む "ミュージカル「アニー」" »

エドウィン・ドルードの謎、全公演終了!

約二ヶ月にわたり公演をしてきた「エドウィン・ドルードの謎」、

全46公演が無事に終了しました! 
毎回お客様のたくさんの拍手、笑い声に包まれ、幸せな日々でした。

毎回日替わり要素が満載なので、そのすべてをしっかり見届けられた(正確には見れてないので聞いていただだけですが)のは、オケピでのお仕事の特権♪

毎回楽しいお芝居と、素晴らしい歌と、素敵な楽曲に、
体力的に正直キツくなっていた時も・・・たくさん元気をもらってました。 
本当に楽しかったです。 どうもありがとうございました。

今回が日本初演でしたが、この作品がスタンダードになっていつかまた再演されることを・・
心から願います!!! 

ミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」

ご無沙汰してます。
東京は明日あたりから暖かくなってくるそうですね、嬉しい。
演奏で参加の、ミュージカルのお知らせです。
*************************
ミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」
*************************
私はキーボード1を担当します。
せっせと音色づくりしてます🎶
それではまた!
Rio  

2015年ありがとうございました!

2016年になって早2週間が・・・(ノ∀`)

大変挨拶が遅れてしまいました。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続きを読む "2015年ありがとうございました!" »

【お知らせ】

このたび、
カンパニーAZAに所属することになりました。
今後とも、よろしくお願い致します。
                   倖山リオ
**********************************************
カンパニーAZA HP
http://www.co-aza.net/
倖山リオ  プロフィール
http://www.co-aza.net/kohyama/index.html
**********************************************

弾いたり作ったりするだけじゃないおしごと

2月13日、テニスの王子様3rdシーズンが無事幕をあけました。
お客様がたくさん来てくださって感謝です。

プレビュー公演を終えた彼らはこれから海外公演、
東京を含め、地方遠征と長い旅が始まります。
まずは台湾!反響が楽しみ☆
今回も音楽コーディネーターとして関わらせていただきました。
音楽班と現場の間に立ち、みんなで求めるべきところへ行く為のお手伝い、
という感じです。
続いて、今はライブ・スペクタル「NARUTO-ナルト-」の現場に入っています。
こちらは始めてお仕事ご一緒するスタッフさんたちが多くとても新鮮。
演出が多岐にわたるのでいろんな分野の方々が集まっているのですが
みんなとても魅力的な面白い方達ばかりです。
ここの現場では音楽助手・稽古場ピアノ、として入っていますが、
実際ピアノを弾く場面は、・・そんなにありません。
言うならば、稽古場パソコン・・・かな。ww
稽古場でシーンをみながら尺を合わせて編集したり、
稽古場用に仮の音源をつくったりします。
ピアノだけでは正確さや合理性に欠けるところがあるので便利な方法。
問題は、私のノートパソコンが重たいので移動での体力消費が辛いということかな。。いま、専用のリュックが欲しいなと思っているところです....!
そんなことに加えて、
先日はとあるお仕事で、指揮をする機会がありました。
今までなんとなく避けてきたのですが//(軽いものはありますけど..)
完全なる10人のアンサンブルをまとめる、という難しさ。
弾くことも兼ねてアレンジも自分ではなかったのでいろんな意味で大変だったのですが、イチバンはやはり指揮の難しさ。経験不足だな、、と痛感しました。
もっと慣れて、安心して委ねてもらえるようになりたいものです。

私の修行は続きます....

迎春

年が明けて、はや一週間..。

挨拶が遅れてしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
2015年のスタート、舞台のお仕事からでした。
今年始めのお仕事は、まず1月17日に幕が開ける「SAMURAI7」。
http://www.nelke.co.jp/stage/mu_samurai7/
只今、稽古ラストスパート。毎日熱い稽古場です。
音楽制作的にもかなりの追い込み時期です。
今回私は音楽助手として、稽古場でピアノを弾いたり、
シーンに合わせた音楽内容を検討したり、イメージを汲んで伝えたり、
そんなことをいろいろやっています。
新しいカンパニーとの新作作り、ああしてみよう、こうしてみよう、を、
大人たちが楽しんで(いや、苦しいけれども、笑)つくっている、
そういう現場に関われて、幸せです。
今年は引き続き楽しみな作品に関われることになっているので
またご報告しますね!
もうしばらく寒い日々が続きますが皆様ご自愛ください、
良い一年にしましょう!!

気持ち新たな・・秋。

ご無沙汰しています、放置してすみません.....

一度でも時々でも覗いてくださった方、ありがとうございます。

 
春から夏にかけて、
絶え間なくミュージカルの現場でお仕事が続いておりました。
 
関わらせていただいた作品は、
□ミュージカル『薄桜鬼』風間千景篇 (演出/毛利宣宏)    <稽古場ピアノ>
□ミュージカル『テニスの王子様』全国大会  青学vs立海 (演出/上島雪夫)
  <音楽コーディネーター>
□ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』プチテトランジェール(演出/平光琢也)
<音楽助手>
□ミュージカル『黒執事』ー地に燃えるリコリスー (演出/毛利宣宏)<音楽助手>
 
その合間に今年オーケストラアレンジで初参加させていただいたコンサート
「PRESS START2014」の本番があったりしました。
 
プライベートでは引っ越しがあったり、
弟家族が赴任でイギリスへ行ってしまったり。
 
約4年間かけて続いてきたテニミュ2ndシーズンも今回でストーリーが完結しまして、9月27日に大千穐楽を終えました。11月に本当に最後となるドリームライブがあるので、それについてはまた改めて書きたいなと思っています。
 
ここ最近ややゆっくりと充電でき、普段遠のきがちな分野に触れたりして
自分の中に忘れかけてた大事なものが呼び覚まされたり。
なかなか目の前のお仕事があると、やりたいことがあってもなかなか具体的に動き始めるのはなかなか難しかったりして月日が流れてしまうのですが、、
やはり実現させるべく、動かなければ、自分を律していかなければ.....!と強く思う今日このごろ。
 
気持ち新たな・・秋、 なのです。 
 
またいいお知らせできるようにがんばります。

蝶々殺人事件

僕と幻の図書館、ありがとうございました!!
また次回があったらよろしくお願いします♪♪♪
そして、次は、全く違う世界感の舞台!
「蝶々殺人事件」音楽担当します。
音楽的にもぐっと大人な雰囲気(??)です。
また新しいことができ、とても楽しくつくらせていただきました!
完全なストレート舞台、演劇的で、とても集中力高いパフォーマンスがみれると思います。
本番がとても楽しみ・・!追い込み頑張ります。

****

「黄金仮面」「少年探偵団」に続く、昭和文学演劇集第3弾!
横溝正史が世に送り出した、戦後初の本格長編小説・由利麟太郎シリーズをついに舞台化!!

ネルケプランニング製作
『蝶々殺人事件』
原作:横溝正史
脚本・演出:石井幸一(一徳会/KAG)

出演:
大口兼悟 /
根本正勝 樋口智恵子 水石亜飛夢 /
別紙慶一 松野高志 鳶野恭平 前島謙一 平井浩基 /
岡 幸二郎


あらすじ:
時は昭和12年。
歌劇団の主宰者である原さくらが、オペラ「蝶々夫人」の大阪公演を前に、突如行方をくらませた。
数多くのスキャンダルを巻き起こし、公私共に文字どおりのプリマドンナとして名を馳せていたさくらは、翌日、薔薇の花びらと共に死体となってコントラバスケースの中から発見される。
探偵・由利麟太郎は、新聞記者・三津木俊助と共に事件の調査のため大阪に赴くが、そこで新たな殺人が起こり……


日程:3月12日(水)〜16日(日)
12日(水)19時〜
13日(木)19時〜
14日(金)19時〜
15日(土)14時〜/19時〜
16日(日)13時〜/18時〜

http://www.nelke.co.jp/stage/chouchou/
※正式な公演情報は公式サイトをご確認ください